職員証作成に役立つ知識まとめ

職員証を紛失した場合

職員証を紛失した場合

職員証を紛失した場合 様々な立場の人が職場で職員として働く場合には、職員証を発行されることが少なくありません。
一般的に職員証はその職場の職員であることを証明するものであるばかりではなく、職場に立ち入ることを許された許可証としての意味合いもあるため、紛失した場合には速やかに再発行の申請を行うことが重要となります。
最近では職員を装った者による様々なトラブルも非常に増えており、職場に立ち入る際の入退室のチェックは非常に厳格に行われている傾向があります。
職員証がないと入退出ができなくなってしまうばかりでなく、これを入手した第三者が悪用する危険性があり、職場に多大な迷惑をかけてしまうことになるのです。
そのため速やかに再発行を申請するとともに紛失をした事実を周知徹底し、第三者の悪用を防ぐことが最も重要です。
基本的に職員証は職場から貸与されているものであるためしっかりと管理する事はもちろんですが、その取り扱いについても十分に注意をし必要な措置を速やかに行うことが太陽を受けている者の義務となっています。

職員証の制作料金を安く抑えるためのコツとは

職員証の制作料金を安く抑えるためのコツとは 職員証の制作を請け負っている会社というのは最低でも100単位からの受注になります。
そのため、制作料金を安くしようとするのであれば大量発注をかけることでコストを抑えることができます。
1単価あたりの料金は数十円とそれほど高くありませんが、100単位から1000単位で発注をかけるためにどうしても料金が高額になってしまいます。
そこで、職員証のコストを安くするためにはオプションを付けすぎないことです。
エンボス加工や箔押し加工、サインパネルなどのオプションを付けるたびにコストが跳ね上がるので、料金を抑えたいのであればオプションは最小限に抑えることが好ましいです。
最近では防水効果の高いプラスチック製の職員証が好まれる傾向にあります。
水と油が反発するという原理を活かしたオフセット印刷は広く職員証の作成には用いられている方法です。
ただ、製作コストがかかることから、発注部数は1000単位になってしまうため、小部数の印刷には不向きです。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>
Copyright © 2018 職員証作成に役立つ知識まとめ all rights reserved.